価格・デザイン・技術の凄さとは?


SponsoredLink




⇒ フランクミュラーの新着時計 一覧を見てみる>>


■成り立ち

(出展:『はてな』)
時計技師, または彼の設立した時計メーカ,ブランド

フランクミュラー

1958年:ラ・ショード・フォン 生まれ

学生時代から多くの賞を獲得し博物館から修理を依頼されるなど、
若くして天才時計技師といわれる。

その後限られた顧客のためのオーダーメイドを専門に受けていたが、
注文が殺到し、ついには1991年 ジャントゥにフランクミュラー社を
設立。

以来、独創性と遊び心を兼ね備えた高精度でユニークな作品を
次々に発表。

また、大きな組織には属さずスイス時計界の風雲児と言われている。

現在では、新しいブランドにも関わらず、すでに21世紀の時計界を塗り替えるカリスマ時計師として知られる。

現在フランクミュラーの時計は世界のセレブリティの間では圧倒的な人気を博している


■現在

戦後、多くの独立系時計師たちが自らのブランドを立ち上げてきた中で、最も成功した1人である。

高い芸術性を誇り、技術的にも新しい発想を取り入れた彼の作品は、世界中の腕時計ファンをあっという間に魅了した。
独創的なデザインは、トノー・カーベックスに代表される3次元曲線を生かしたものや、コンキスタドール、トランスアメリカのシリーズにもうかがえる。文字盤を見ても、ラインの美しさやインデックスに使われる数字のバランス、エナメルや七宝づかいなど、スイスの金銀細工の職人芸までを使ったデザインは、他とは一線を画している。

フランク・ミューラーの最も優れた加工ポイントは、ケースの仕上げにある。ステンレス(AC)、K18グリーンゴールド(1N)、K18イエローゴールド(3N)、K18ピンクゴールド(4N)、K18レッドゴールド(5N)、K18ホワイトゴールド(6NorOG)そしてプラチナ(PT)と実に7種類もある素材を自社の工房で加工。

しかも100を超える工程を経て、誤差100分の1ミリメートル以下にケースを仕上げいく。きわめて精密な工作機械を使い、最後の仕上げは、1つひとつ手作業で行う。その証として、「クレ・ド・ジュネーブ(ジュネーブの鍵)」の刻印を授けられているのだ。

1986年には、初めてのオリジナル腕時計を製作。自動振動という新機構を組み込んだ独自のトゥールビヨンだ。彼は新機構で特許をとり、同時に複雑系時計師としても認知されるようになった。マスターバンカーやヴェガスのように機構の複雑なもの、遊び心をくすぐるところなどは彼独特のテクニックでもある。

フランク・ミューラーは世界に一つしか存在しない時計・ユニーク・ピースの製作にも力を注いでいる。腕時計の最高級ブランドだけに許された特権で、毎年発表される彼のユニーク・ピースは、いつも注目の的だ。

彼のシャトゥの中にはウォッチランドが建設され、若手の育成や、新作の発表会などにも利用されている。進化し続ける時計師の作品をリアルタイムで堪能する。それは新興ブランドならではの味わいだと言えるだろう。

また、今年(2007年)の新作『テイク ユア タイム』も、主にセレブの間では、大反響だったようである。

代表的なモデルとしては、カサブランカ、ロングアイランド、クレイジーアワーズ、マスターバンカーなどがある。

特に、筆者が印象に残っているのが、文字盤の数字がとびとびで、
時針が不規則に跳ねて進むように見える、クレイジーアワーズなど、
遊び心満載のモデルと、
1つのリューズで3つの時間を操作可能な、マスターバンカーなどの、
機能美の良く現れたモデルとに分類する方もいるようだ。

中古やレプリカなども数多く出回っていることからも、
セレビリティ以外にも非常に関心が高いことがうかがわれる。




powerd by 楽市360



⇒ 名品ブランド新作ウォッチ 一覧>>

さらに興味のある方はこちらをクリック。
★☆★☆★ フランクミュラー関連リンク集 ☆★☆★☆

コンキスタドール/征服者の時計/ヒザは垂直に蹴るんですよ!!/納期は三年/ナカノスタイリングワックス ウルトラスーパーハード/お気に入りの腕時計/欲しいモノ/正月明け総括/こんなところでも活躍?/かかかかかいもの/「シン・シティ」(104)/ばらばら時計/スウォッチの時計/フェアリーマジック/辻時計店アイテム増量中!/パネライ/次に狙う時計 その3/X-MEN3 ハル出るの?/いつかは1本/金の延べ棒 〜コレクションT〜/乾燥する/摩天楼の下で : 欲しい、したい10のこと/[cars]侮りがたし!ニッサン!!!!/[WATCH]クレイジーアワーズ/名古屋散策

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。